スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の脂肪腫 | Petwell(ペットウェル)

良性の腫瘍なので害を与えることはありませんが、脂肪腫の発生部位によっては、歩き方に異常が現れることがあります。主な症状 しこり・はれができる犬の脂肪腫の【症状】発生する場所によっては、歩き方に異変も脂肪腫は、主に腹部、胸部、内股、脇の下などの皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりとなって現れます。腫瘍は楕円形で弾力があるのが特徴で、数年かけてゆっくりと大きくなります。脂肪腫は良性腫瘍なので、健康に被害を与えるようなことはありません。ただし、脂肪腫が筋肉の間に発生した場合は、歩き方がおかしくなることがあります。脂肪腫を含め、犬の皮膚にできる腫瘍の発生率は、犬のあらゆる腫瘍のなかで乳腺腫瘍に次いで多く、脂肪腫のほかには、悪性リンパ腫(リンパ肉腫)や肥満細胞腫、線維肉腫などのがん(悪性腫瘍)があります。脂肪腫も同様ですが、皮膚に現れる腫瘍は、皮膚炎や潰瘍と見間違えることがあるので要注意です。 【続きを読む】

お勧めリンク集
ちまたで話題のダイエット食 | ダイエット食はゴチソウデス | ダイエット食で目指せ5キロ減 | ライバルに勝つにはダイエット食!! | これからのダイエット食



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。